• topimg
  • topimg1
  • topimg4
  • TOP飛行機

    交通広告は企業のメッセージを消費者にダイレクトに届けるメディアです

交通広告とは?

私達の生活に密着した様々な交通機関(空港・電車・バスetc.) や交通関連施設など(駅etc.)に掲出される広告媒体の総称です。
地域やニーズが細分化されている今、マスメディアとしての「交通広告」が注目されています。

●エリア限定【地域戦略が可能】

ターゲットに合わせて戦略が設定でき、無駄のない展開ができます。

●ビジュアル勝負【目に訴えかける】

デザインやビジュアルを工夫し、伝えたい事を ダイレクトに訴えることが可能です。

●何度も見ることができる【反復効果が高い】

同じ駅・同じ路線を利用する人に繰り返し見てもらう事で、 高い視認性 が得られます。ニーズが細分化されている今、マスメディアとしての「交通広告」が注目されています。

空港広告

ビジネスはもちろん多くの旅行者が利用する空港。とりわけマーケットの先導役である若者や女性をはじめ、海外旅行者など購買力のある客層が多いのが特徴です。

また国際空港には世界中から利用客が集まります。 空港メディアは、各空港のエリアを超えてより広い地域の客層に効果的な訴求ができるメディアです。      

駅広告

駅広告とは、駅の利用客に訴求するための広告です。 一般的に駅構内に設置する広告を指します。駅周辺のお店や施設への道標として利用されることが多いため、看板は1年~、長い場合は数十年の長期掲出が可能です。

多くの人が集まる大都市圏では、電車や地下鉄の利用度は非常に高く、交通広告はマス広告に匹敵する広告到達効果を期待できる媒体です。 また、交通広告は、エリアに密着したコミュニケーション展開が可能で、且つ他の広告媒体にはない"強制視認力"があるため、OOH(アウト・オブ・ホームメディア)の中でもますます注目されています。

バス・屋外広告その他

バス広告は、バス車内広告とバス車外広告があります。
車内は乗降客、車外は路線の生活者に訴求します。
 街角ににぎわいと活力を生み出すのが屋外メディア。 人通りの多い場所に設置され遠くからでも視認性があるたいへん目立つ媒体です。

歩行者だけでなくドライバーからも注目を浴びます。 企業ブランディングでの長期掲出やキャンペーンにおける短期掲出など、フレキシブルに訴求することができます。